VIO脱毛とは

VIO脱毛とは

いわゆるデリケートゾーンと呼ばれる部分で、アンダーヘアーの処理を行います。
近年、この治療を行っている施設は増えており、
女性ならではのお悩みとも言える部分ではないでしょうか。

V・・・ビキニライン(Vライン)

足の付け根からショーツに沿って、Vの字を描いた部分を指します。
ショーツからはみ出てしまう毛を処理することで、下着や水着も幅広いデザインから選ぶ
ことができるようになります。

また、Vラインの自己処理によるカミソリ負けや毛のう炎を繰り返すことで、 色素沈着になり、黒ずんでしまうケースも多く、早めに脱毛することをお勧めします。

I・・・陰部周囲(Iライン)

気にはしていても、なかなか人には相談しにくい部分ですね。
お悩みの中でも特に多いのが、月経時によるムレやかぶれです。
Iラインを処理することで、月経時の煩わしさも解放され、清潔で快適な日を過ごせます。
また、Tバックなどのラインの細いデザインのショーツも気にせず着用できます。

O・・・肛門周囲(Oライン)

ご自身ではなかなか確認しづらい部分なので、毛が生えていることに気づいていない方も
多くいらっしゃいます。
しかし毛が生えていない方は非常に稀です。
Oライン脱毛は、排泄物が毛に付着するのを防ぐことができるため
衛生面を考え脱毛する方が増えています。

VIOについてはなかなか人に相談できず、おひとりでお悩みを抱えてしまう方が多く、恥ずかしさもあって施設へ相談に行くのも何だか躊躇してしまいますよね。

女性スタッフであれば、同じ女性の立場で共感してもらえるのはもちろん、何よりも様々な症例を作り上げたスタッフであれば、適切なアドバイスをもらえるのではないでしょうか。 また、デリケートゾーンの衛生面を考えると、徹底した衛生管理が行われている施設で行うことをお勧めします。



ハイジニーナとは・・・

最近、VIOに並んでこの言葉をよく耳にするようになりました。
語源は「hygiene(ハイジーン)」
清潔・衛生の意味があり、欧米では今や当たり前の処理と言われている、すべての毛をなくす方法です。

では、VIOとは何が違うのか。
Vラインは基本的に足の付け根の部分のみの処理となりますが、このハイジニーナは、先ほどもお伝えした通り、全ての毛を無くす方法となります。 しかし、日本人はワキをはじめ、腕や脚の処理とは違い、VIO全ての毛を無くすことに抵抗があります。 そのため、毛の形成や毛量調節(減毛)を目的とする方法が一般的となっています。

形成については範囲を狭くすることはもちろん、最近ではハート型やイニシャルなど、様々なデザインを希望される方も増えているようです。

最初は誰しも無毛に抵抗があっても、減毛していくにつれ、このままハイジニーナにしても構わないと思われる方が実は多いのも現状です。



VIOのメリットデメリット

= メリット =

・自己処理による肌トラブルの改善

自己処理を繰り返していると、肌荒れを繰り返し、色素沈着を引き起こします。
脱毛により、自己処理の必要のない肌を目指します。

・排泄物の付着を防ぐ

IラインやOラインの毛に排泄物が付着することで雑菌が繁殖し、かぶれの原因になります。
脱毛することで、改善へと導きます。

・月経時のムレやかぶれの改善

排泄物の付着同様に、月経時の経血によるかぶれや、ナプキン着用時のムレ。
減毛することにより、月経時のムレやかぶれの煩わしさから解放されます。

・幅広いデザインの下着や水着の選択

ショーツからはみ出していた毛も、幅を細くしたり、ハイジニーナにすることにより
毛を気にすることなく、下着や水着を様々なデザインから選ぶことが
出来るようになります。

= デメリット =

・温泉などの、公衆浴場での視線

ビキニ全体の減毛やハイジニーナをする場合、一旦全体の毛を剃る必要があるため、少し違和感を持たれるかもしれません。

・スケジュール管理

上記により、温泉施設などの予定を考えながら治療をすすめると良いでしょう。
また、海やプールで日焼けする予定がある場合、予定日の前後を含め
脱毛治療を受けることはできません。
それは火傷のリスクが伴うためです。
ビキニ(Vライン)脱毛を受ける際は、日焼けする予定にも注意が必要です。

・生理中の痛み

生理中はホルモンの量が大きく変化することで
肌がとても敏感になっています。
そのため、痛みを感じやすい人もいますが、医療機関でしたらクリームタイプの麻酔を用いて
痛みを軽減することも可能です。

・二度と生えてこない

欧米では完全無毛は当たり前でも、日本人にはまだまだ抵抗のあるハイジニーナ。
ムレやかぶれなどの煩わしさや衛生面の改善など、多くのメリットはあるものの
一度脱毛した毛は、あとから戻したいと思っても元に戻すことはできません。
しかし最近では、老後に自分が介護される側になった時のことを考え、介護してくださる方への配慮として
50代・60代の方のハイジニーナ脱毛のご希望が増えてきているのは大変興味深い傾向です。
長い目で見たとき、ハイジニーナはメリットの方が大きいと言えるでしょう。

VIO脱毛

V』は、ビキニライン
I』は、性器の周囲
O』は、肛門の周囲

の事を意味しています。

デリケートな部分だけに実際の施術の様子など気にしている方もたくさんいらっしゃいます。

また脱毛するなら、なるべく効果的な脱毛方法の方が回数も少なくていいですよね。

なかなか「やろう」と決心しづらい部分ではありますが実際に脱毛した方からの感想は『自分に自信が持てた』など、ポジティブなものが多いです。

デリケートゾーン脱毛について

VIO脱毛

アンダーヘアー部分の処理について

ハイジニーナとは・・・

すべての発毛をなくす方法です

VIOのメリットデメリット

VIOのメリットデメリットはどうでしょうか

フェミークリニックのオーダーメイド脱毛とは?

詳しくはこちら