脱毛マップ

医療レーザー脱毛 IPL・フラッシュ・光 針脱毛 ワックス 家庭用脱毛器 カミソリ、除毛クリーム 毛抜き ダイオード+RF、医療用IPL+RF

セルフケア

剃るのと抜くのでは?

古今東西、昔から女性の脱毛の悩みは尽きませんが
一般的に剃るのと抜くのでは、どちらが良いのでしょうか。

一般的には、抜く事の危険性の方が高く、毛抜きなどで
抜くよりは剃る方が良いと言われていますね。
剃る場合にはカミソリ負けで皮膚が色素沈着を起こす
可能性もあり、どちらが適切か?という点は、それぞれ
「どこの部位」の脱毛ケアを行うかによって違ったものに
なってきます。
体質や肌質によりますが一般的には以下のようなケアが
適切だと言われています。


剃るのに適した部位

【腕・脚】【脇】
肌への負担が少ないのは、やはりカミソリでのケア
ということになります。


抜くのに適した部位

毛根を根源から痛めますので、炎症の原因などにも
なりやすく、見えない部分での出血などもあります
ので、抜くのはお勧めできないセルフケアです。


一時脱毛

カミソリや除毛クリーム等で表に見えている部分の毛を一時的に処理する方法です。一人でも簡単に行えるものがほとんどで、最も利用される方法です。毛根に直接ダメージを与えるものではないので、時間の経過とともに再生されます。また敏感肌の人はカミソリ負けなどを起こしやすくケアが必要です。


疑似脱毛

毛を抜いたり剃ったりせず、毛の色素を脱色することにより薄く見えにくい状態にしたり、きめ細かに荒くしたサンドペーパーのようなものを用いて毛を擦り、細く短くしたりする方法です。手軽に行えるムダ毛処理法ですが、肌への負担が大きくるものがほとんどなので肌のトラブルも多くなります。


処理前

肌への負担を減らすため、薬品を使うものは必ずパッチテストを行うことが大切です。またムダ毛処理をしたい箇所に肌荒れや傷がないかを確認し、月経前や生理中はなるべく控えたほうがいいでしょう。


処理

カミソリを使う場合、毛の流れに逆らうのはNGです。
流れに沿うように剃るのが正しく、他にワックスや除毛テープも商品により毛の流れに剥がすものと
逆らって剥がすものとであります。
肌への負担を限りなく低くするために使用方法等を確認して使用しましょう。


処理後

除毛後は肌に負担がかかっているため、炎症を起こしやすくなっています。できるだけ脱毛、除毛後は刺激のあるもの(刺激成分の入った石鹸やボディソープ、入浴剤等)は避けるようにし、なるべく低刺激の保湿剤や化粧水を使用し、肌に異常が出た場合はすぐに皮膚科へ行くことをおすすめします。


Profile

平成23年 3月 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成23年 4月 順天堂大学付属順天堂医院
平成27年 6月 フェミークリニック勤務
平成28年 2月 池袋フェミークリニック院長 就任
         

最新脱毛ニュース

2014年12月22日

クラシエ ホームプロダクツの調査によると、ワキを「毎日」処理する女性は11%で、週1以上の頻度で自己処理をする方は59%…という結果であることが明らかになりました。 また、足のムダ毛処理も、週...

2014年12月08日

毎日のムダ毛処理って結構面倒ですよね。 カミソリで剃ると肌が荒れてしまうし、抜くのは痛い上に肌への負担も大きく、抜いた毛穴から更に太い毛が生えてきてしまうデメリットもあります。 でも、もしロー...

2014年11月24日

家庭用脱毛器を製造・販売するホーム・スキノベーションズ・ジャパンは、20歳〜40歳未満の女性661人を対象にインターネットにて「ムダ毛処理に関する調査」を実施、その調査結果によると「ムダ毛処理...

2014年11月10日

最近では、小学生でも高学年ともなれば『むだ毛』を気になりだす子が多いそうです。 小学生とはいえど、女の子は誰しも気になる『むだ毛』…。 子どもの肌のことや、濃くならないことも考えて、慎重に行う...